公務員(サラリーマン)から起業するときにやっておいたことや失敗談について話します!

業界や職種、会社名などを具体的に記載する
県庁職員を辞めて、現在はドローンやテックを活用したサービス事業を展開する会社を運営していますが、すんなり辞めて、すぐに軌道に乗ったわけではありませんした。(当たり前ですが…)
最初の1年目にやったこと(営業方法、提案内容、バックオフィスのクラウド化)や、今思えばもっとやっておけばよかったこと(周りへの「辞めますアピール」、資金調達)を中心に、どうやって辞めたかという独立直前の話をします。
「辞めるって話した後の周りとの付き合い方がわからない」
「ぶっちゃけ退職金いくらもらいましたか?」
「最初はどうやって仕事をとったのか?」
「そもそもなんで辞めたのか」
「これからどうしてくんですか」
という素朴な疑問にコーヒー1杯くらいのお値段で答えたいと思います。

30分

¥ 500  ¥ 0

条件クリアで ¥1,000 OFF

サクラボテクノロジーズ合同会社

代表

プロフィール

Sakurai Yuichi

地方公務員(県庁)で15年間、現場や政策企画を経た後に、ドローンやテクノロジー活用をコア業務とするサクラボテクノロジーズを設立。当初よりクラウド等をフル活用しコア業務以外にリソースを割かない運営をしています。小さな会社なのでサービスの立ち上げから資金調達、広報等、ほぼすべての業務を担ってます。事業運営には兼業、副業の方を中心に参画していただいております。私自身も他社に兼業人材としてコミットしてました。法人組織とフリーランスのぎりぎりの境目で生きてます。顧客は官公庁3割、民間7割です。官公庁へのアプローチは中も外も知る私ならではなのアドバイスできます。もちろん、サラリーマンからの独立なんかについてもアドバイスできますが、たいていは「もうちょっと続けたら?」と終わることが多いです。2020年はキャンプ場運営をスタートさせたいです。

その他のキャリアナレッジ

ここでしか聞けない
キャリアナレッジがあります

キャリーナ(旧称 CREEDO)は、さまざまな職種・企業の社員からキャリアナレッジを直接聞けるオンライン社員訪問サービスです。百人百様のキャリアナレッジを共有知にすることで、キャリア選択における不確実性の解消を目指しています。

利用規約個人情報保護方針に同意して

※ 自分のFacebookページが公開されたり、
許可なくページに投稿されたりすることはありません。