共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

未経験の私がいきなりフリーランスという働き方を選んだ理由

  • フリーランス
  • 個人事業主
  • 国際結婚
  • Webデザイナー

ファンデス 友紀穂

フリーランス Webデザイナー

サンディエゴ行きが決まった日

We should start getting ready, I got orders to San Diego. March of 2021 we will be leaving.
サンディエゴへの転勤命令がでたから、準備をしないとね。2021年3月に行くよ。

2020年5月16日、仕事中の夫から一通のラインが届きました。私の夫はアメリカ海軍の軍人として働いているため、数年に一度必ず転勤があります。日本に住み続けたかった私達夫婦は、横須賀か佐世保を希望していましたが、軍人・軍人の家族でいるのは甘くないことを痛感させられました。

以前より夫は私に「もし転勤先がアメリカ決まっても、一緒に行くか日本に残るかはゆきほが決めていいからね」と言っていました。長期留学の経験がなくアメリカに憧れも抱いていない私は、海外移住に不安を感じていましたが、夫についてアメリカに行くことに迷いはありませんでした。

生まれてから一度も神奈川県を出たことがない私は、新しい土地で暮らすことに魅力を感じていて、なによりもメキシコからの移民が作る本場のタコスを食べるのが楽しみでした。

私はアメリカで何をするの?

Sea Duty: Duty performed in commissioned vessels and deployable squadrons homeported in the U.S. (including Hawaii and Alaska); U.S. land-based activities and embarked staffs, which require members to operate away from their duty station in excess of 150 days per year.
- MyNavy HRより引用

アメリカを母港とする艦艇と戦隊によって行われる任務のこと。メンバーは年間150日以上任地を離れて業務にあたります。(意訳)

海軍にはSea Dutyという任務があり、その間数ヶ月にわたって海の上で仕事をします。夫についてアメリカに行っても、私は見知らぬ土地で一人暮らしをしなければならないのです。

専業主婦にはなりたくないと思う反面、アメリカで現地採用をしてもらうのは難しそうだと感じました。また夫が海にいる間は、遠方に住む夫の家族と暮らす予定だったので、運よく採用されても長期休みをとる必要があります。

夫は常に危険と隣り合わせの仕事をしていますし、将来離婚する可能性がゼロとは言い切れません(する予定は全くないですが未来は分からないので……)。そのときに子どもがいるかもしれないし、自立できない生活は危ないと感じました。

場所を問わない働き方

正社員でもフルリモートで働ける企業が増えていると聞きますが、私にはあまりピンときませんでした。そこで「フリーランス」という働き方に関心を持つようになりました。

『アメリカのどこにいても、日本に一時帰国しても、日本人と日本語で仕事ができる!』

夫と問題なく生活を送れるくらいの英語力は持っていますが、ネイティブスピーカーでない私は常に頭をフル回転させて英語を話しています。"日本語が通じない夫と日本語が通じない土地にいるだけで、きっと私はいっぱいいっぱいになってしまうだろうな……"と思いました。

私達夫婦は将来的には日本で家庭を築きたいと考えています。英語はあくまでもコミュニケーションツール。人に誇れるスキルや実績がない私は、アメリカでウェイトレスやキャッシャーとして働くよりも、日本語で「スキル」を伸ばせる仕事をしたほうがいいと考えるようになりました。

2021年4月、個人事業主として開業

移民ビザなどの関係で、私は日本に残り、この半年間夫とは離れて暮らしています。フリーランスになることを決めてから、ありがたいことに2社とフルリモートでお仕事をさせていただいています。6月にはお仕事をしながら、2週間アメリカで夫や家族と過ごすことができました。

「自分が働いた分=収入」というのは、やりがいを感じる反面正直辛いこともあります。会社のように先輩が隣いて、何でも聞ける環境もありません。ですがこの自走しないといけない環境が、確実に私を成長させてくれていると感じています。

予定通りアメリカへ移住するのか、このまま日本に残って年に数回アメリカを訪れるのかは今のところ未定です。ただひとつだけ言えることは、どこに住むことになってもキャリアを積める選択肢が今の私にはあるということです。

未経験でいきなり飛び込んだフリーランスという働き方。今の私はこの道を選んでよかったと思っています。

共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

ファンデス 友紀穂

フリーランス Webデザイナー

「本当に健康な食事」への興味をきっかけに、管理栄養学科に進学をしました。在学中には公衆栄養学研究室に所属し、予防医学×マネジメントのスキルを身につけるべく、ドラッグストアに就職しました。 ...

もっと見る

あなたならではのキャリアナレッジをキャリーナブログで記事にして、多くの人に共有しましょう!

キャリーナブログについて
キャリーナブログ

こちらもおすすめ