共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

コンフォートゾーンどっぷり状態の弊害

  • ワーママ
  • 転職

みちこ

アウトソーシング企業 プロジェクトマネージャー

私はいま、中途入社9年目のマネージャーである。

私が入社したのは所属する事業部が立ち上がって間もない頃で、それはそれはカオスな状況だった。

マニュアル?何それおいしいの?
人事制度?そんなのあるわけないだろ。

立ち上げの荒波に揉まれながら、必死に目の前の仕事をこなす日々。
そんななかでも自分なりに成長しようと、その時々で目標を立てながら走り続け、気付けば9年が経っていた。

長い時間をかけて頑張ってきたおかげで、いまは仕事がすこぶるやりやすい。

社内のルールや人間関係も把握しているし、周りからも「みちこさんが言うならそれで!」と言ってもらえて、それなりには信頼を築けてきたと自負している。
この人のためなら頑張ろうと思える仲間にも恵まれありがたい限りだ。

だがふと立ち止まったとき、果たしてこのままでいいのか?とも感じるようになった。

これはまさしく「コンフォートゾーンにどっぷり状態」なのではないか、と。

よく、組織が活性化するためには人の入れ替わりは必要だと言われる。

それは私自身も感じていて、自分が見ているチームでも長年メンバーが変わらないチームはどこか閉鎖的で停滞感を醸し出していると感じている。

そうすると、事業部という組織で見たときに私の存在はどうだろうか。
9年もここにいて、コンフォートゾーンにどっぷり。まさに私自身が組織に停滞をもたらす存在なのでは?ということに気付いたのである。

仕事をするうえで時間をかけて信頼を築くことはとても大事だと思うけれど、コンフォートゾーンに達した時点で今度は自分の存在が組織に停滞をもたらすことになるのかもしれない。
そう思うと背筋のあたりにヒヤッとしたものを感じた。

また私自身としても、最近は昔のようなヒリヒリした感覚ってあんまりないなと思っていたところだった。

入社当初のカオスな状況は正直とても辛かったけど、「やってやるぜ」という気概だけは持っていたと思う。

いまはそこまでの気概はなく、どちらかと言えばソツなくこなしている感覚が強い。
これは自分で自分の成長を止めている行為だなと気付いたとき、こちらも背筋がヒヤッとしたのを覚えている。


自分の成長も止まるし組織にも停滞をもたらしている状況というのはよくないというのは、誰の目から見ても明らかだ。

コンフォートゾーンからストレッチゾーンへ。私がやるべきことは何だろうか。

早くコンフォートゾーンを抜けなければという焦りもありつつ、次はどんなストレッチをかけようかという楽しみもありつつ。
この答えは自分でみつけるしかないので、しばらく考えてみようかなと思っている。


ビデオ通話で直接話を聞けます!

ログインして申し込む

共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

みちこ

アウトソーシング企業 プロジェクトマネージャー

ファーストキャリアは公務員で、結婚を機に民間へキャリアチェンジ。 現在はアウトソーサーとして市役所の窓口・事務業務を受託する企業でプロジェクトマネージャーをしています。 新規プロジェクト立ち...

もっと見る

あなたならではのキャリアナレッジをキャリーナブログで記事にして、多くの人に共有しましょう!

キャリーナブログについて
キャリーナブログ

こちらもおすすめ