共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

選択をする時に意識するべき、一番大事な基準について

  • 自己紹介

Shunta Takahashi

フリーランス Sales & Marketing

もしあなたが周りの人よりも優れた結果を出したいとか、特別な人生を歩みたいと思った時に絶対に意識しないといけないことがある。

それは日々の選択について。

なぜなら人間は日々の選択の積み重ねが今の結果を作り出すようになっているから。

毎日、お酒ばっかりを飲むという選択をすれば、生活習慣病という結果を引き起こすし、毎日ジムに行くという選択をすれば理想の体型という結果を得ることになる。

つまり日々の選択次第で人生の結果が大きく変わるということなのだが、これを突き進めていくと、成功をすることはすごくシンプルだということがわかる。

それは成功している人が選択していることを自分も同じ選択するということ。そして、それを継続すること。

そうすることで、同じような結果になるのである。

でも多くの人はそれをすることができない。
その理由について今回は解説していきたいと思う。

理由①マイノリティになるから

理由の一つ目が自分が一般の人と違う選択をしないといけないからというのが挙げられるだろう。

当たり前だが周りよりも結果を出すということは、すなわちマイノリティになるということ。どんな業界、分野に問わず成功をする人は一握りだ。

なぜなら成功とは「社会的に一定以上の地位を得たことを指す。」(Wikipedia参照)からだ。

ということを考えた時に、成功する人はマイノリティであり、選択についても一般の人が違う方を選ぶのである。

普通の人が右を選んだ時には自分は左を選ばないといけない。

そして、それができない。
なぜなら人間は普通であることに安心を覚える生き物であり、自己肯定感が高くないと、孤立することに耐えられないからだ。

理由②自分とは相反する考え方を変えることができない

自分が現在は普通の人間で、成功していないのであれば、多くの選択を変えることが必要だ。なぜなら変える必要がない状態であればとっくに成功しているからだ。

でも自分が今までの人生で選択してきたことと相反する考えが出てきた時に、それを素直に受け入れられないのが人間の性である。なぜならプライドが傷つくし、考えを変えるというのは脳の使い方も変えることになるので、それがストレスになるからだ。

今までの選択をする方が脳の省エネになる。それゆえ、変えることがなかなかできないのである。

同じ選択をすることが怖い

ただ、上記の2つについて思考の癖なので、時間をかければ全然変えることができるものだと思っている。

僕自身も昔は人と違う選択をすることが怖いと思っていたが、20代で人とは違う選択をし続けたことで、今では一般の人がする選択をしている方が不安になるようになった。

また結果として、おそらく普通ではない人生を送ることができている。

学生時代に飲み会とか遊びをやらずにビジネス書を月10冊読んで勉強する日々や年収1000万円以上の給料をもらって食費は月1万円、格安SIM、アンドロイド端末みたいな超節約術をした経験はおそらく人がしない選択だったと思うし、我ながら過去の自分を褒めてあげたい。

そして30代以降も成功する人が選択をする選択をし続けるということを主眼に日々過ごしていきたいと思う。


ビデオ通話で直接話を聞けます!

ログインして申し込む

共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

Shunta Takahashi

フリーランス Sales & Marketing

中央大学法学部国際企業関係法学科卒業。 2014年~2018年 オリックス株式会社 2018年~2019年10月 Indeed Japan株式会社 2019年10月〜 フリーランス ...

もっと見る

あなたならではのキャリアナレッジをキャリーナブログで記事にして、多くの人に共有しましょう!

キャリーナブログについて
キャリーナブログ

こちらもおすすめ