共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

ローランドの婚活指導を見て感じたこと

  • 自己紹介
  • 転職体験談
  • 私の仕事紹介
  • フリーランス

Shunta Takahashi

フリーランス Sales & Marketing

この動画めっちゃ面白いよ!っていうことでオススメされて見たローランドのカリスマ塾。今まで彼の「俺か俺以外か」という本は読んだことがあったのだが、動画を見るのは初めてだった。

テーマは「婚活指導」。歌舞伎町で100戦練磨の彼がモテない男性たちに対して婚活パーティに向けてアドバイスをするというもの。

その中でめちゃくちゃいいことや〜!と感じて、これはコミュニケーションという全般において勉強になるなあと思った。

モテる人は女の子を楽しませることができる人

彼曰く、大前提の心構えとして、女の子にモテる人は相手を楽しませよう、という意識を持っているかどうか?

ルックスや頭の良さ、はたまた高級レストランで食事をするからとモテる訳ではない。

ワクワク・ドキドキする体験やこの人面白い!って思わせることが一番モテる要素としては大事なのだと。

その中で彼は「ブルーシートを敷いて僕が座れば、そこはホストクラブになる」と名言する。

また、とはいえ外見も大事で、態度すなわち、話す仕草や自信など外見から見て判断される部分を改善することも必要。

モテる人はモテそうな人。という通りだが、逆にいえばモテない人はモテないオーラを漂わせているのだ。

アドバイスに対してローランドがブチギレる

またそのアドバイスをする中で、ある公務員の真面目な男性に対して、「裸にジャケット&胸ポケットに女性のパンティを入れたらどう?」と提案をした。

ローランド曰く、胸ポケットにパンティを入れることで潜在意識で自分は面白いことをしているというものを植えるつけることができ、結果として態度に現れるから、らしい。

それに対して公務員の男性は「ちょっと厳しいです。。。」と回答。

するとローランドはこう言う。その発言が痺れた

だったらやらなくていいよ。自分なりの方法で成功できるのだったら。
人生を変えたいんでしょ?だったらやりなよ。
せっかくアドバイスをしているのに変えなかったら一生今のままだよ

ローランドは知っての通り、今まで何万人もの女性を相手にしてきた、プロ中のプロ。
その人のアドバイスを聞き入れられないということは、モテるのをやめます。と断言しているのと一緒。

モテない自分のやり方を突き通すことは、すなわちこれからもモテない人間になるということ。

まあこれについては、どんな分野でも共通しているが、、笑

服従ではなく、心の底から「はい」と言えるか?

結局、その男性はローランドのアドバイスを受け入れ、結果としてカップル成立になるのだが、その時にローランドが言った発言も印象的。

変わろう、という意識を見せてくれて嬉しいよ。
自分がしたアドバイスを実践してくれて本当に嬉しい

そう。

アドバイスをする側の人は、その人に失敗してほしくてアドバイスをする訳ではない(もしそういう人がいたら余程ヒマ)。

また人間はどんなに成功していても承認されれば嬉しいもの。
実際に素直に受け入れて実践するのを見ることほど嬉しいことはない。

それなので、ただ服従するということではなく、相手に対してリスペクトした状態で「はい」という態度を取ることが大事。

どのような態度で「はい」と言っているか、は経験してきた人であれば大体わかると思う。

そりゃGacktとかHydeとかも可愛がるわな、と感じた動画だった。






ビデオ通話で直接話を聞けます!

ログインして申し込む

共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

Shunta Takahashi

フリーランス Sales & Marketing

中央大学法学部国際企業関係法学科卒業。 2014年~2018年 オリックス株式会社 2018年~2019年10月 Indeed Japan株式会社 2019年10月〜 フリーランス ...

もっと見る

あなたならではのキャリアナレッジをキャリーナブログで記事にして、多くの人に共有しましょう!

キャリーナブログについて
キャリーナブログ

こちらもおすすめ