共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

【自己紹介】普段さらけ出すことのない自分自身についてあえて書いてみる

  • 自己紹介
  • 転職体験談
  • 私の仕事哲学
  • 自分軸

張 合

株式会社エス・エム・エス 営業企画

初めまして。張(ちょう)といいます。
今年で30歳、平均寿命の約1/3を超えてしまってビビってます。

追記:ただの自己紹介記事なのに意外とPV数いただいているようで恐縮な限りですmm

普段「自己開示少なめキャラ」でまかり通っているのですが、それは(自身の黒歴史も含め)経歴を声に出して話すのがあまり得意じゃないから、という理由でして。

反して文章だと意外とすらすら書けたりするので、せっかくブログ機能がリリースされたしこの機にアウトプットしてみようと思います。
※徐々に埋めていくスタイルで行こうかな、と思ってますので時たま戻ってきてもらえると嬉しかったりします。


■幼少期(中国)
中華人民共和国天津市生まれ。
天津がどんなところなのか、その名前の知名度(サンキュー天津飯)の割に全く内情は知られていないと思います。ざっくり言うと、、

・居住人口1500万人以上(+移動人口が同じぐらい居るので日中凄いことになってる)
・経済開発指定都市
・港町で清時代から国外とのポートタウンとして重宝されていた
・直近の都市開発にあの大前研一さんが携わっている
・(上記のこともあってか)見た目はやたら横浜に似てる

という隠れた巨大経済都市です。

幼少期の一番の思い出は、、、国営の子供の教育番組になぜか子役として出演して端っこで歌ってたことです笑

※ちなみに子役オーディションの倍率は意外と高かったと後から教えてもらいました。全盛期はこの頃だったのかもしれない

■小学時代(広島)
7歳の時に広島県広島市に移住。
時は世紀末。2000年問題がよくテレビで放映されていた頃です。(覚えてる人いるのかな?)

公立の小学校に編入となったのですが、

・ひらがなの「あ・い・う・え・お」の5文字しか判らない
・中国の学期開始時期のずれ(9月始まり VS 4月始まり)により九九を知らないまま算数のテストで掛け算の問題を出されて泣く
・家の合鍵を忘れたときに先生に助けを求めることもできず、親の職場も知らなかったので近所中を号泣しながら走り回る
・ゴミ箱を漁って遊戯王カードを手に入れてポンコツデッキを組んでクラスの男子連中の仲間に入れてもらう

と、なかなかハードな日本国オンボーディング時期でした。
思えばここから人生どのようにサバイバルしていくのか、が自身のテーマになった気もします。

いつのまにか日本語を覚え、サブカルにも入り浸っていきました。
あと歌うことが好きだったのですが、声変わりで一時期ハイキーが出なくなってしまい絶望してました。

■中学時代(インター)
中学受験を経て、色々あって地元のインターナショナルスクールに入校。
入った後もすったもんだあり、まさかの義務教育を終える前に高校に編入することになります。そんな中学校も今ではそれなりに有名になってるらしく感慨深いものです。

というわけで、日本では「小卒」扱いという、なんともユニークな経歴を持つことになります。

ここで友達からB'zを吹き込まれ、それ以降ずっとファンで居ます。
稲葉さんのハイトーンボイスに憧れ、マネして歌ってたらハイキーが復活しました。人生の恩人です。

■高校時代(ニュージーランド)
ニュージーランドの高校に編入し、周りは英OxBridge、米Ivy Leagueを目指そうと意気揚々、という進学校でした。
頑張って成績上位に食い込んでみた結果、せっかくニュージーランドに3年間いたのに旅行という旅行は全くせず、ただただ寮にこもって勉強する毎日を送ってしまった。。(まあ、寮は都会にあったのでなんやかんや楽しんではいたのかな、と思ってます)
国際バカロレア(IB)資格というものにチャレンジし、世界のTOP2%に入った人生の最盛期(2回目)だった気がします笑
同時に高校生デビューということでギターピアノドラム一通り独学でやってました。B'zにすごく憧れたので、いかに一人B'zをやるか、をひたすら考えてました。

■大学時代(アメリカ)
アメリカで生物(遺伝)学を専攻。モデル生物は線虫。暗闇の地下室にこもってひたすら改変した遺伝子を虫に注射して育てて神経細胞を観察する、という研究でした。

住んでいたのはウィスコンシン州という、シカゴよりもさらに北に車で3時間ほど行ったところ。冬はマイナス20℃を優に下回る極寒地獄で、「人間の鼻毛って凍ることがあるんだなー」という何の役にも立たなそうな気づきを得ました。

一時期ストレスが嵩張り体調を崩してしまい、病院で検査を受けたところ15分の検査で1200ドルぶっ飛ぶという、将来医療保険が崩壊したときに起きそうな現象を味わってしまいます。(ここで日本に戻ることを決意)

気が向いたらもっと深めに更新します笑

■社会人以降(日本)
大学時代の勉強内容とはうって変わってIT業界に飛び込む。
そこから紆余曲折を経て今は3社目に居ます。

2回目の転職で、足掛け1年以上かけて様々なインプットをもらい、いわゆる自分軸がだいぶハッキリした気がします。

もし気になったら気軽に声かけてください!
→https://careena.jp/topics/f7a17a6a


あとは気が向いたらキャリアについての考察を中心に書いていこうかな、と思っています。
よろしくお願いいたします!

ビデオ通話で直接話を聞けます!

ログインして申し込む

共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

張 合

株式会社エス・エム・エス 営業企画

はじめまして! 中国生まれ 義務教育@日本 高校@ニュージーランド 大学@アメリカ 社会人以降@日本(東京→大阪→東京) の移動民族です 性格は「日本人よりも日本人っぽい」...

もっと見る

あなたならではのキャリアナレッジをキャリーナブログで記事にして、多くの人に共有しましょう!

キャリーナブログについて
キャリーナブログ

こちらもおすすめ