共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

お勉強をすれば新規事業生み出せると思ってる全ての人に読んで欲しい

  • 私の仕事紹介
  • 私の仕事哲学

細野 真悟

フリーランス ビジネスデザイナー

こんにちは。ビジネスデザイナーの細野です。
※あなた誰?という方はこちら↓をご覧ください

めっちゃ感情的な文章です。私見です。気分を害する人もいるかもしれません。でも、この考えを知っていただいたくことで、なぜ僕が自分のナレッジ動画の無償公開に踏み切ったのかがより正確に理解いただける気がするので書きました。

「新規事業を作る」ことを「お勉強的アプローチ」で攻略しようとしている人が多いので、歯に衣着せずに本当のことをお伝えします。こんなことを赤裸々に言ってくれる人は居ないせいで、一生懸命お勉強しようとしている人が後を絶たないので、少しでもその人の人生の無駄遣いが減るように、僕が悪役を買って出たいと思います。

※ここでいう「新規事業」は「既存のマーケットに、大して差別化の無い同じようなビジネスモデルで参入して死ぬほど頑張って何とか黒字を出す」みたいなものではなく、新しい価値を顧客に届け、時には新しい収益モデルで、ビジネスモデルを組み上げて勝負するような新規事業のことです。

まず、皆さんは本物たちのレベルを知らない。
本物というのは「ビジネススーパーサイヤ人たち」です。

その人たちは

●社会に対する独自の着眼点を持ち
●常識では考えつかないソリューションを組み上げ
●その一見不可能なアイデアを何としても実現する粘り力がある

です。

僕は全然スーパーサイヤ人じゃないので、その人たちと対峙すると息が苦しくなります。最近になってようやくスーパーサイヤ人ではない自分を愛せるようになったので、大丈夫になりましたが、スーパーサイヤ人たちと会うのは本当に嫌いでした。

すげー儲かる新規事業を立ち上げるんだったら、そんな人たちとガチで戦わなきゃいけないという認識がなさすぎる人が多すぎる。

今日、とある新規事業のセミナーに出てたんですが、そこで出た、そういうお勉強アプローチで勘違いしている人の特徴的質問がこういうやつです。

「そのフェーズが終わって次のフェーズに移っていいというのはどうやって判断したらいいですか?」
「そのプロダクトが顧客の課題を解決したってどうやって判断したらいいですか?」

「は?何聞いてんだよ?」と画面越しにイライラする僕。

講師は「それはそのビジネスによって全く異なるので…」と至極まっとうな回答。

マジでお勉強じゃねーんだよ。ストリートファイトなんだよ。

マニュアルで動こうとすんな。自分の全身全霊で顧客のインサイトを捉えろよ。自動的に売れる仕組みができたかどうか自分の全身で感じろよ。

もちろん、業界がCPFとかPSFとかPMFとかLTVとかCACとかKPIとか、お勉強すれば賢くなったような用語を増やしてるから、それを覚えて使えるようになることが新規事業をうまく行かせるコツだと思いこんでる人がいる。

1回目のチャレンジで普通にうまく行くと思ってる人がいる。1回目は無理でも3回目ぐらいでうまく行くと思ってる人がいる。
※ここでいう「うまくいく」は大手企業が新規事業に明るく求めてくる最低2桁億円以上の売上とします

違います。その確率はスーパーサイヤ人たちの成功確率です。
凡人の確率は普通に行くと0%です。千三つでもありません。0%です。

スーパーサイヤ人たちの特徴をもう一回言いますね。その上で、なぜ僕がナレッジ動画を、無償公開したか言いますね。

●社会に対する独自の着眼点を持ち

→スーパーサイヤ人は脱・平凡発想は標準装備で息をするように使うんですよ。偉そうに言ってる僕のレベルなんて普通レベルなんですよ。だから僕のことをすげーとか言ってる場合じゃないんですよ。動画なんかいくらでも見てとっとと息をするように使えるように訓練しないと一生無理なんです。

●常識では考えつかないソリューションを組み上げ

→うまく行くビジネスの要素の引き出しが多い。あるいは本能的に社会の仕組みや人間の心理を理解していてどうすればうまく行くかを自分で考え出す力が凄い。自分のビジネスに合わせて自分の頭でソリューションを生み出す力がある。パクリなんて必要ない。ビジネスモデル方程式の「技」なんて過去のビジネスの「技」を紹介してるだけなので、これを組み合わせればいいビジネスができるなんて考えてるとしたら甘すぎる。だからそういうもんじゃない。自分の頭で捻り出さないとダメなんです。だから動画なんていくらでも見てください。基本中の基本過ぎて話にならない。

●その一見不可能なアイデアを何としても実現する粘り力がある

→彼らはある意味で世の中側が間違ってると信じ切っているので、自分の考えている方向に世の中を変えようとする。だから誰から反対されようとも「アホがギャーギャー言うてる」ぐらいにしか捉えておらず「いつか見てろよ」とほくそ笑むだけの胆力がある。いつも上司や誰かに正解を求めて、承認を求めるようなマインドの人では絶対に無理。だからリーンマネジメントを身に着けて、上司や役員に承認を求めないやり方を身に着けないと絶対に無理なんですよ。絶対に。


この3つの動画はマジで基礎中の基礎なんです。スーパーサイヤ人になる過程で、悟空とクリリンが最初に亀仙人のもとで修業してるぐらいのレベルの話なんです。

絶望させたらごめんなさい。でもこれが事実なんです。

僕は心の中ではこの前提で皆さんと向き合ってます。

だから、もし自分で凡人だと思う人が、新規事業を成功させようとしたら、やることは以下です。

1)亀仙人の修業は速攻で終わらせる(この3つの動画は速攻で見る)

2)組み木(ビジネスを組み上げるヒントになる素材)を死ぬ気でインプットする(僕が推薦図書にしてる本ぐらい3ヵ月で死ぬ気で読んだほうがいいです。マジで最低限の本しか載せてません。)

3)新規事業を作ったことがある人の元で死ぬ気で修業する、何度もトライして何度も失敗して、強くなる。(そのための仕組みが個人に対してはFukusenだし、企業内個人に対してはoutsightです)
多分10回ぐらい「これは行ける」ってやつをトライして1回うまく行くかどうかぐらいの確率です。本当に。

残酷な事実ですが、これだけ成熟社会で新たな事業を立ち上げようとする人は、はっきり言ってスーパーサイヤ人と戦える地球人にならないといけません。少なくとも天津飯ぐらいの修業を積まないと話になりません。

もう、これで僕ごときが持ってるナレッジや実践の場は全て用意したので、あとはあなたがやるかやらないかです。

僕ごときが持ってるナレッジに価格を付けて後生大事に売ってるのがバカらしくなるぐらい大変なことなので、その事実の証明のために3つの講義を無償公開してるんです。これがなぜナレッジを無償公開したのかの本音の理由です。

Fukusenは地球人が、スーパーサイヤ人たちと戦わない事業を作るために年商1000万円というスーパーサイヤ人たちの視力では見えない小ささの事業を作ることを狙ってます。これは最強の競争戦略です。競争を考えなくていいんだから。それに規模が小さければ、成功(年商1000万円に届く)確率も上がります。地球人ですが、それなりの経験を積んでいる僕が伴走はします。だから絶対に無理という状態ではないです。ただ、最低でも3回ぐらいはトライしてくれないとうまく行く気がしません。1の1でうまく行くとは思わないでください。うまく行かせるためにビジネスモデルをいじったり、ターゲットを変えて、本人がやる気がなくなってしまってなくなるケースだってあり得ます。

それでもやりたい人は、ぜひご一緒しましょう!

僕もスーパーサイヤ人ではないので、地球人なりのやり方を工夫してます。

あなたが全力なら僕も全力で支援します。

共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

細野 真悟

フリーランス ビジネスデザイナー

リクルートに入社し転職サイトリクナビNEXTのシステム開発から、営業販促を経て商品企画を経験。その後、新規事業として大学生の就業力育成プログラムを開発し、日本e-learning大賞2012にて...

もっと見る

あなたならではのキャリアナレッジをキャリーナブログで記事にして、多くの人に共有しましょう!

キャリーナブログについて
キャリーナブログ

こちらもおすすめ