共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

日本人は本当に働きすぎですか?

  • 人事

よし太郎

就活秘書室 人事全般

日本人は働きすぎと耳にしたことがあるのではないでしょうか。それを世界で比較してみるとどうでしょう。

経済開発機構2019年のデータによると

1位.メキシコ 2137時間

2位.コスタリカ 2010時間

3位.韓国    1967時間

4位.ロシア   1965時間

5位.ギリシャ  1949時間

10位.  アメリカ   1779時間

日本はベスト10位にも入っておらず、22位という微妙な順位でした。お隣の韓国がアジア唯一ランクインしてました。

では、なぜ日本人は働きすぎと言われているんでしょうか。

日本では、残業が当たり前になっていた企業が多数。ただし、最近はコロナの影響で残業ゼロの企業が大半。

その背景には、日本人の昔からの風習というか、考え方が今でも根づいているからです。

それは、

1.遅くまで仕事をすることが、頑張っている社員、出来る社員として評価されていること。

2.上司が夜遅くまで仕事をしていると部下が帰りにくいという考え。

3.部下が仕事をしていると、上司が帰ってはいけないという考え。

今でも、日本の多くの企業では、このような考えが根づき、継承されています。

なぜ、そのような考えが解消されないかというと、現在出世した役員、部長クラスが、それが当たり前のように育てられ、今があるわけですから、簡単に変われるものではありません。

現在、企業は、働き方改革と打ち出しているものの、経費の削減アイテム(残業ゼロ、紙減らせ、出張はWEBなど)だけが先行し、実際の根本的な考え方は変わっていないような気がします。

何十年もかかって、すでに身にしみついているものは、そう簡単に変われるものではありません。

では、欧米ではどうでしょうか。欧米では、相手が上司であれ、平社員であれ、無駄なこと、不効率なことはNOといい、効率の良い方法を提案することが当たり前に行われています。

                   就活秘書 よし太郎


共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

よし太郎

就活秘書室 人事全般

採用に詳しい企業人事マン/就活で人生を好転させたい/人事/最終面接官×採用試験×エントリーシート/全世界仕事で放浪/ はじめまして、人事部のリーダーとして、採用全般を担当。最終面接官やエン...

もっと見る

あなたならではのキャリアナレッジをキャリーナブログで記事にして、多くの人に共有しましょう!

キャリーナブログについて
キャリーナブログ

こちらもおすすめ