共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

上を目指す人が絶対に覚悟するべきこと

  • 自己紹介
  • 私の仕事紹介
  • 私の仕事哲学

Shunta Takahashi

フリーランス Sales & Marketing

今の時代、出世を目指す人はあまりいないと思いますが(僕も笑)、もし目指されるのであれば、必ず心がけないことがあると僕は散々言われてきました。

色々と経験したり教わったりするうちに、これは出世に限らず、いわゆる成功というものにおいて必要な意識だな〜〜と感じています。

それは何か?ということを本記事で書いていきたいと思います。

リーダーシップを発揮するか?

社会人になると、一番下っ端から始まるのが通常なので、上司や先輩からの指示を受けて、従うということから始まります。

それ自体は必要なことだと思いますし、逆に従わないのはマズイと思う反面、言われたことをこなしていくうちに、自分から先陣を切って何かを発信していくということを段々とできなくなってきます。

ベンチャー企業とかであれば、早いうちから役職を与えられて責任を持つ状態になるケースもあると思いますが、比較的大きい企業になると3年くらいは目の前の業務に忙殺されて、自分の仕事とは関係ないけど会社としてやった方がいいことを主体性を持って取り組む余裕がないのが普通だと思います。

だけど、人の上に立つ存在になるのであれば、リーダーシップの精神を持って、主体性を発揮することが求められます。

例えば、MTGをより良くするように積極的に発言する、チームの環境をよくするために飲み会を開く、など様々な方法があると思いますが、本来自分の役職的にやらなくていいことでも、会社としてやった方がいいことを率先して提案して実行することが大事になっていきます。

オーナーマインドを持っている人

最初に入社した金融の会社で最年少役員になった人と話す機会があった時に、「会社の社長になっている意識を持つことは大事」と言われました。

その人のオーナーマインドは非常に印象的で、他責にしない(会社の愚痴を言わない)、自分が役職がなくても組織を変えていく気概を持つということを直に学びました。

それを見た時に、多くの人はサラリーマンマインドで仕事をしているので結局、上にいけないまま終わるけど、一部のオーナーマインドを持った人が出世するのだなと感じました。

同時に能力以上に考え方が重要なのではないか?と思ったものです。

自分の足りないものと向き合えるか?

また自分が上に立つために必要な条件を満たしていない時に、その不足しているものと向き合う覚悟があるか?ということも大事だと思います。

例えば人を動かすという場合には、プレゼン力が大事になります。また個人でブランディングをする際に今の時代、SNSを使いこなすことは必須になっています。

そうした時に自分と向き合って目的(ゴール)のために必要な条件を満たしているか?もし満たしていないものがあれば、どうやって克服するか?を考えることが大事になります。

人はプライドを持つ生き物ゆえに、それに向き合わない、例えば「私はプレゼン力とか必要ないと思うんで〜〜」とか「SNSなしでブランディングできるんで大丈夫です」と今の現状の中で改善できるところだけでなんとかしようとします。

ただそれではブレークスルーは絶対にできないし、自分の殻を破っていかないと、永遠に今の状態のままになります。


まずはそのことに気付けるか??
そういう指摘してくれる人を周りにつけるということも大事なのかなと感じます。







ビデオ通話で直接話を聞けます!

ログインして申し込む

共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

Shunta Takahashi

フリーランス Sales & Marketing

中央大学法学部国際企業関係法学科卒業。 2014年~2018年 オリックス株式会社 2018年~2019年10月 Indeed Japan株式会社 2019年10月〜 フリーランス ...

もっと見る

あなたならではのキャリアナレッジをキャリーナブログで記事にして、多くの人に共有しましょう!

キャリーナブログについて
キャリーナブログ

こちらもおすすめ