共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

会社選びを失敗しないために

よし太郎

就活秘書室 人事全般


本日は、「会社選びを失敗しないための考え方」と題してお話をさせて頂きます。


1つ目は、


有名企業に入りたい、年収をとにかく上げたい、こう考えている方は多いと思います。

でも、これだけで会社選びをして、失敗した友人や知人を私は、幾度も見てきました。

有名な会社で、年収も良い、でも会社に入社してみると

・毎日、残業ばかりで、精神的・体力的につらい。

・職場は、仕事モンスターばかりで足の引っ張り合いばかり

など、表面からみる会社と働いてから知る会社とではまったくちがう場合があります。

会社というものは、いいことはしっかりとPRし、悪いことは、表にださない傾向にあります。

そこで、皆さんは、一度立ち止まり考えてみて下さい。

きっと皆さんは、大きな会社に入社すること、給料が高いことが最終目的ではないと思います。

確かに有名企業で、給料が高ければ世間に自慢が出来るし、いい暮らしもできるでしょう。

しかし、私なら、最終目標は、自分と家族が幸せに生活ができること。


そのためには、どのような会社を選ぶのかを、時間をかけ情報を取り、調査してから企業へ応募するでしょう。

いかに幸せに生きるかを最終目標にして。


2つ目は、


入社して1年~2年での退職は、極力避けることです。


私は人事を30年ほどやってますが、採用するときに気を付けていることは、


①勤続年数の短いこと

②会社を何社も点々と転職している人


この2点には一番注意をしています。

理由としては、


・人間関係が苦手で、コミュニケーションがうまく取れない

・メンタル的に弱いのでは

・専門性が低い

このように見えてしまうからです。


日本の企業も、成果主義の人事制度の移行段階ではありますが、まだまだ、従来の年功序列、終身雇用の考え方は、大きな企業であればあるほど定着しており、転職=キャリアアップという企業はまだまだ少ないと思います。

最低でも3年はその企業で得意分野を見つけ、身に着けながら、転職の準備を進めることをおすすめします。

3つ目は


新型コロナウイルス第四次感染拡大を受け、21年あたりから企業の再編、統合、しいては、廃業などが進み、不必要な人材が企業内であふれ出てきている状態になってきています。

それを受け、黒字の企業でも本格的な早期退職制度を実施する企業が増加してきています。

あの、世界NO1のトヨタ自動車の豊田社長ですら、従業員全員を養うことは今後難しいと発言しています。

まだ、皆さんはそのことには気づかれていないだけで、人事は、早期退職、リストラをいつのタイミングで行うかを伺っているのです。


ここで私のお勧めは、いざの時に一つの会社からだけ給料をもらうのではなく、自己防衛として、自分の得意なものを売りにして、2つ・3つの財布を用意されることをお勧めします。

リストラの嵐が来る前に、皆さんもよく考えてみてください。

どのようにしたら、自身や家族を守ることができるかを。


      就活秘書室 よし太郎

共感・感謝の気持ちを
「THANKS」で
ログインの必要はありません
THANKS

よし太郎

就活秘書室 人事全般

採用に詳しい企業人事マン/就活で人生を好転させたい/人事/最終面接官×採用試験×エントリーシート/全世界仕事で放浪/ はじめまして、人事部のリーダーとして、採用全般を担当。最終面接官やエン...

もっと見る

あなたならではのキャリアナレッジをキャリーナブログで記事にして、多くの人に共有しましょう!

キャリーナブログについて
キャリーナブログ

こちらもおすすめ